学校でのできごと」カテゴリーアーカイブ

読書旬間

 11月25日(月)から12月6日(金)は読書旬間です。この旬間を通してよりいっそう読書に親しむこと、普段あまり読まない本などにも目を向けて読書の幅を広げる機会とすることを目的としています。

  今年度4月に実施した『全国学力・学習状況調査』での読書に関わる質問項目では、次のような結果でした。

学校の授業時間以外に、普段(月曜日から金曜日)、1日当たりどれくらいの時間読書をしますか」   1時間以上読書をしている 27.5%(全国比+9.2) 

昼休みや放課後、学校が休みの日に、本を読んだり、借りたりするために、学校図書館や地域の図書館にどれくらい行きますか」  週に1~3回程度行く 37.5%(全国比+20.3)

 「読書が好き」  当てはまる・どちらかといえば当てはまる 80.0%(全国比+5.0)

  3日に公表された国際学習到達度調査(PISA)で、『日本の読解力の順位が、前回の2015年調査の8位から15位と急落した』という報道もあり、読解力を育むことのひとつの要因となる読書量の増加や質の向上が求められています。本に親しんでいる子どもたちが多い本校ですが、より一層の充実をめざして取り組んでいきます。 旬間中は、『朝の読書・午後の読書タイム』、『先生方による読み聞かせ』、『下條村図書館の近藤先生による読み聞かせ会』、『図書委員会によるお勧め本紹介』、『親子読書』などを行っています。子どもたちは、落ち着いた雰囲気の中で本の世界に浸り込んでいます。

下條ふるさと塾がありました。

    「地元下條村で生活している方々に、今携わっている仕事の楽しさや夢を子ども達に紹介していただくことで、将来子ども達がやってみたい仕事に対して期待や夢を持つとともに、下條村 に対する誇りや愛着心を育んでいきたい」というねがいで、平成21年にスタートした『下條ふるさと塾』は、今年で11年目を迎えました。4~6年生の児童109名が、8つの講座から興味・関心のある講座を選択し、その道の達人からお話をお聞きしました。今年度開設された講座は次の通りです。  

 『石を削る、彫る、磨く』(仲川石材、仲川さん)

  『目の見えない世界』(盲老人ホーム「光の園」、福島さん)

 『いろいろな場所をきれいにする喜び』(トータルクリーニング「スカイブルー」、熊谷さん)

 『建具作りのおもしろさ』(森口建具店、森口さん)

『役場の仕事ってどんな事』(下條村教育長、串原さん)

『旅館業の楽しみ』(浪漫の館「月下美人」、児島さん)

『楽しい農業』(カネシゲ農園、古田さん)

『下條村の安全を守る』(下條村警察官駐在所、土屋さん)

  参加した子どもたちは、真剣な表情で講師の皆さんのお話にメモを取りながら耳を傾けていました。どんな仕事をしているのか、仕事の楽しさや苦労はどんな事かを聞き取ったり、時には講師から出された質問に答えたりしながら、充実した1時間を過ごすことができました。普段の学習では味わえない、それぞれの道のプロの厳しさや誇りを、子どもなりに感じとることができた時間となりました。

  『役場の仕事ってどんな事』の講座では、講師串原教育長さんの「子どもたちは、村の特産として親田からみ大根というモノがあることは知識としては知っている。しかし、実際に目で見たり、味わったりしたことがある子どもが少ないので、是非五感を通して村の特産物を知って欲しい」という願いから、自ら栽培した親田からみ大根を持ってきてくださり子どもたちも味わうことができました。 「今まで食べたものの中で一番辛い」 「私の家で作っているからみ大根と同じくらい辛い」 「辛いけどおいしい」とつぶやきながら、下條の味を堪能していました。  

  この後、様々な講座での学びを各学級に持ち帰り、報告会をしあったりお礼の手紙を書いたりしながら、まとめの学習を進めていきます。

なかよしの日~11月20日(水)~

 下條小学校では、異年齢集団での活動の場を大切にしています。それは、同じ年齢の集団では味わう事ができない豊かな体験をする事ができるからです。異学年集団での活動の一つに『なかよしの日』という活動があります。上の学年の子どもたちは、下の学年の子どもたちに自然に思いやりの気持ちを持って接することができたり、頼られたりすることで役立つ自分を自覚できます。下の学年の子どもたちは、上の学年の子どもたちの様子を見ることで、数年後の自分の姿を想像し、なりたい自分をイメージできます。

 今年度6回目の『なかよしの日』が11月20日(水)の朝の活動の時間に行われました。前回と同様に、近所に住んでいる子ども同士で、全校を9つのグループに分け活動しました。ハンカチ落とし、だるまさんが転んだ、氷鬼、ドッジボール、イスとりゲーム、色鬼、大縄とびなど体を動かしながら楽しく遊び、交流を深めていました。

全校体育~長縄跳び~

  マラソン記録会に向けて日々心身を鍛えてきた子どもたちが、次に挑戦するのは「長縄:8の字跳び」です。クラスの仲間たちと力を合わせて取り組みます。11月22日(金)朝の全校運動が初回でした。 体育館に全校が集まって跳び始めます。回転する長縄にどのタイミングで入っていけば良いか戸惑い、足が止まってしまう1年生、恐る恐る飛び込んで上手く跳ぶことができると満面の笑みを浮かべています。その横では、6年生が軽々と連続で跳んでいます。息の合った上級生の8の字跳びを見ながら、自分たちもかっこよく跳べるようになりたいと、一生懸命挑戦する下級生の頑張る姿がありました。

マラソン記録会 ~11月15日(金)~

朝、登校した児童からマラソン練習です

    11月15日(金)の下條村の最低気温は、摂氏0℃ 今シーズン一番の冷え込みとなりました。 10月下旬から始まったマラソン練習の成果を示す『マラソン記録会』が行われました。1・2年生が1.2㎞、3・4年生が1.7㎞、そして5・6年生が2.2㎞の校舎周回コースです。

  児童会体育委員会では、11日から15日までを「マラソン週間」と位置づけ、始業前に、全校で音楽を聴きながら楽しく走ろうと呼びかけ活動しました。登校して鞄を教室に置くと、次々に外に出て走り始める子どもたちの姿がありました。

    記録会では、多くの保護者の皆様の熱い応援を力に、自分の順位を上げよう、自分の記録を伸ばそうと最後まで一生懸命走りきる子どもたちの姿が頼もしく感じました。苦しくて諦めてしまいそうになっても、「自分に負けないぞ!」と歯を食いしばってやりきる事ができた満足感、自分一人だけでなく連学年の仲間たちに支えられ勇気が持てた安心感が得られた記録会となりました。  保護者・地域の皆さん、応援ありがとうございました。

飯田市社会見学に行ってきました ~3年生~

     11月8日(金)、3年生が社会見学に行ってきました。目的地は、『飯田卸売団地(魚市場マルイチ産商・飯田青果・五冷飯田冷蔵)』、『天恵製菓』、『アピタ飯田店』です。社会見学を通して、次のようなことを学びます。   

          

                                                     

・生野菜や魚などが、どのような場所を通って、自分たちの家に届くのか、市場の様子を実際に見て学習する。

・工場での生産の様子を見たり聞いたりすることで、工場ではたらく人の工夫や努力を知る。

・大型店のスーパーの売り場や様子を見たり、自分たちで買い物をしたりして、お店の人は販売のためにどんな工夫をしているか気づく。

     朝、6時30分に学校を出発し、飯田卸売団地を見学しました。マルイチ産商では多くの種類の魚が並んでいます。子どもたちは、お店の方に説明していただいたり、品物に付いている表示を見たりして、魚の名前と産地を次々にメモしていました。いろいろな都道府県から品物が集まってきていることに驚いていました。また、マグロの解体を見せていただき大興奮でした。飯田青果では、果物、茸や蜂の子の競りを見学できました。独特の言い回しやジェスチャーに戸惑いながらも、価格が決められている仕組みを見て学ぶことができました。

     天恵製菓では、予想以上に広い工場の中で、どら焼き・力士餅・ふんわかチョコタンなどの半生菓子が次々に出来上がり、袋詰めされていく様子に驚いていました。向上に入るときに、エプロン・マスクで身支度を調え、粘着式のほこり取りや送風機を使って衣服に付いた細かいほこりを落としたり、消毒をしたりすることで、異物が商品に入らないように気を配っている場面を直接体験し、工場で働く方々の工夫を知ることができました。

     アピタ飯田店では、普段入ることができないバックヤードの見学をさせていただきました。商品を受け入れる際に、トラックの荷台の高さに合わせて上下するリフトに実際に乗せてもらうこともでき満足していました。 見学を通して発見したり、学んだりしたことを新聞にまとめています。

スイミーの壁画を図書館に飾りました~2年生~

図書館に飾られた「スイミー」の壁画

    下條小学校の図書館には、例年2年生が作った「スイミー」の壁画が飾られています。現6年生が2年生の時に初めて制作しました。小学校に入学した子どもたちが、図書館を訪れたとき目に留まるのがこの壁画です。そして、2年生になり国語で「スイミー」を学習した子どもたちは、自然に自分たちも壁画を作りたいという気持ちになり制作に入ります。

今年度の2年生は、スイミーのお話しの中から2つの場面を選び、チームにわかれて作りました。スイミーの兄弟たちをたくさん作って貼り付ける子、きれいな色の魚やくらげを描く子など各チームで分担して手際よく進めていきました。だんだん形になってくると上から見て、「すごくきれい。」「むこうのチームはたくさん魚がいるね。すごいね。」とうれしそうに話していました。3時間ほどで完成し、みんな大満足でした。

なかよし旬間 ~人権教育強化旬間~

10月21日(月)~11月1日(金)、下條小学校では、『なかよし(人権教育)旬間』を行っています。児童だけでなく、職員や保護者も人権意識の高揚を図ることが目的です。子どもたちの目標は「友だちの良さ・自分の良さを見つけ、だれにでもやさしく、みんながなかよくなる旬間」です。

全校音楽集会(10/25と10/29)では、「どんな人が好きですか」という曲を全校で歌いました。始めに合唱部の友達から曲の紹介(歌だけでなく振り付けも)です。合唱部の活動の中で、この日のために準備してくれたのです。覚えやすいメロディーであったため、合唱部の見本に合わせて何回か練習しているうちに、みんな歌えるようになりました。全校で歌った後は、学級毎に輪を作って歌い楽しみました。この曲は、自分の良いところをPRし、認め合う場面があります。自分の良さに気づき、胸を張って伝えられる、そんな温かい雰囲気のある全校音楽集会となりました。

 児童集会(10/30)では、全校でジェンカの曲に合わせてじゃんけん列車で楽しみました。ルールは、「違う学年の人とじゃんけんをする」「リーダー(先頭)の名前を呼びながらじゃんけんする」でした。曲が進んでいくと、どんどんと列車が長くなり、リーダー同士の勝負の行方に一喜一憂する姿がありました。最後まで残った人を全員で称えた後、感想発表をしました。違う学年の人とレクを通して関わりが持てたことが嬉しかったという感想が出されました。

 

4年生は、10月30日(水)に、下條村にある養護盲老人ホーム『光の園』で交流会を行いました。童謡「虫の声」「たき火」をリコーダーで演奏し、一緒に歌ったり、小学校生活の様子を朗読劇で紹介したりしました。ちょうど焼き芋大会をする日だったので、利用者の皆さんと小学生で焼き芋の準備をしながら会話もはずんでいました。

 

全校で、人権に関わる標語づくりにも挑戦しました。いくつか紹介します。

  • かなしいね  わたしもきもち  わかるんだ (1年)
  • やさしいね  そんなみんなが  だいすきだ (1年)
  • かわいそう  そう思ったら  「どうしたの?」(2年)
  • ころんだとき  ばんそうこうを  ありがとう (2年)
  • 自分がえ顔  そしたらみんなも  え顔だよ (3年)
  • ささえ合う  やさしくつたえる  よい心 (3年)
  • たすけ合い  みんなできょう力  ささえ合い (4年)
  • 「ありがとう」  そこからえ顔  生まれるよ (4年)
  • うれしいな  不安な時の  友の声 (4年)
  • なかよしで  知らない人にも  思いやり (4年)
  • 自分がいやなことは、 人にしない、 言わない(5年)
  • 大丈夫  私はあなたの  味方だよ(5年)
  • 友達といる  普通に思うけど  本当はすごい事なんだ (6年)
  • 泣いてたら  友達よりそう  また笑顔 (6年)
  • 勇気出し  かけた言葉に  ある希望 (6年)
  • 見えない所で支えてる  誰かの優しさ  気づきたい (6年)

5年生社会見学~10月24日(木)~

5年生は、社会科の単元『自動車をつくる工業』で、自動車をつくる工業を通して、我が国の工業生産について学びます。トヨタ自動車高岡工場の工場見学をし、実際に自動車を生産している場面を見聞きし、自動車産業に従事している人々の工夫や努力について知るために社会見学に行ってきました。また、長野県は海に接していないため、海辺の生活や自然に触れる機会がありません。そこで、海の生き物を見たり、触れ合ったりすることを目的として、名古屋港水族館も訪れました。

名古屋港水族館では、見たことのない魚やイルカショーに目を輝かせて見学していました。班ごとの行動となりましたが、どの班も時間を上手に使いながら、はぐれることもなくまとまって見学できました。レストランでの昼食は、周りのお客さんにも気を配りながら、マナー良く食べていました。途中、スープをこぼしてしまったテーブルがありましたが、大騒ぎすることなく友達同士で助け合って片付けている姿もありました。

  トヨタ自動車の工場見学では、次々と流れてくる車に対して、手際よく自分の与えられた仕事を進めている工場の方々の動きに驚いたり、乗る人の安全を考えて自動車を作るための工夫や、働きやすさを進めるための工夫を学んだりすることができました。工場見学を通して分かったことや新たな疑問を出し合いながら、更に社会の学習を深めていきます。

地産地消推進キャラクター「旬ちゃん」と食について学ぶ ~10月16日(水)~

10月16日の朝の活動の時間、長野県農政部より、地産地消推進キャラクター「旬ちゃん」が来校し、全校児童と地産地消について学びました。農政部の石川さんと「旬ちゃん」から、地産地消の意味や長野県の特産物、旬ちゃんの名前の由来などのお話をお聞きしました。

今日の給食のメニューから、長野県で取れた野菜などの食材はどれかを教えていただいたり、クイズを通して地元の野菜や果物について学んだりしました。「下條村の伝統野菜は何でしょうか。」と「旬ちゃん」からクイズが出されましたが、多くの子どもたちが、「親田辛味大根」と答えていました。身近な地元の特産野菜について知っている子どもがほとんどであった事から、地域と子どもたちの繋がりの深さを感じました。下條村や長野県で生産された野菜や果物についてよく知り、たくさん食べてじょうぶな体を作っていこうという気持ちを高める機会となりました。