投稿者「shimojo-jh@webmanager」のアーカイブ

雪景色の中で

1月14日、久しぶりに校庭に雪が積もりました。校舎も寒々、大人達が寒さに震える中、子ども達は大はしゃぎです。校庭では1年生が生活科の授業で雪遊びをしていました。新型コロナ感染症におびえる世の中ですが、自然の中での子ども達の学びは大事にしたいと思う今日この頃です。

地域の方に「書き初め」を指導してもらいました!

12月12・13日に毎年恒例の書き初め指導を行っていただきました。今年は3・4年生が地元の書道家のお二人に指導していただきました。長い紙にバランスよく書くためのこつを教えていただいたり、字一つ一つの形を整えていただいたりして有意義な2時間を過ごすことができました。今回の指導を生かし、1月2日には気持ちをこめて書き初めをしてくれることでしょう。

読書旬間~本との出会いを大切に~

今年も読書旬間が行われました。本日はその最終日。村図書館から司書の先生に来ていただき、3・4年生が読み聞かせを行っていただきました。また、今回も本校職員の読み聞かせも行いました。子ども達が読み聞かせをしてほしい絵本の所に集まって行われるのですが、どの先生が読んでくれるかは当日までわかりません。それぞれの先生方の作り出す読み聞かせの雰囲気を楽しんでくれたら嬉しく思います。10日間を経て、朝の読書の時間にじっくりと本を読み込む姿が見られています。子ども達の活字離れが叫ばれる昨今。本の世界のよさに少しでも気づいて、これからも本を手に取ってくれる子ども達が増えていってくれることを願います。

6年修学旅行 ~南信州への旅~

11月17・18日に1泊2日で修学旅行に行ってきた6年生。今年度も新型コロナウイルス感染症のため、東京への旅はできませんでしたが、南信州をめぐる旅行を行うことができました。今年はイチゴジャムづくり、リンゴ狩り、天竜ライン下り、フォレストアドベンチャー、満蒙開拓記念館見学、阿南町化石館見学などを体験してきました。子ども達は、晩秋の南信州を巡る中、かけがえのない思い出を作ることができたようです。

100周年記念式典

11月13日(土)、100周年記念式典が行われました。新型コロナウイルス感染症の感染対策のため、規模の縮小を余儀なくされましたが、子ども達の笑顔あふれる記念日にすることができたと思います。

式典では、ご来賓の金田憲治村長よりご祝辞をいただきました。その後アトラクションとして6年生が学習発表として「100年を振り返る劇」を発表してくれました。昔と現代を比べながら、未来に向けて力強いメッセージがこめられた見事な発表でした。

式典後は、会場に集まった全ての人で「風船セレモニー」を行いました。環境に配慮した風船を今年度児童会スローガン「笑顔あふれる 新たな未来 はばたけ下條小」のことばと共に大空へ飛ばしました。真っ青な青空の中に飛び立つ色とりどりの風船。そしてそれを笑顔で見つめる子ども達。素敵な未来を予感させるセレモニーとなりました。

続いて行われた記念講演会では下條村出身の峰竜太さんに講演していただきました。事前に子ども達から出された質問に答えながら、子ども達に温かく接してくださった峰さん。地域で育てていただいていることのありがたさを実感するとともに、下條村の温かさを感じた講演会となりました。

多くの方に支えられて、この日を迎えることができました。そして多くの命のつながりの中で100年という歴史を積み重ねてくることができました。今日の喜びと下條小に関わりのある全ての方への感謝を忘れず、次の100年に向けて進んでまいりたいと思います。ありがとうございました。

5年生 稲刈りを行いました!

11日、秋晴れのもと5年生が稲刈りを行いました。地元の農家の方に「刈り方」や「はぜ掛け」のやり方を教えていただきながら協力して作業を進めていました。子ども達は田植えからはじめて夏の間の水管理をがんばりながらようやく今日を迎えました。収穫の喜びとお米を作ることの大変さを学ぶ貴重な学習をすることができました。

大豊作!ジャガイモ収穫~3年じゃがじゃが応援団~

天候が心配される中でしたが、3年生のジャガイモ収穫が無事終わりました。このジャガイモ作りには、しもじょっ子カッセイカ会議の活動のひとつとして「じゃがじゃが応援団」という地元の皆さんに手伝っていただいています。そこに今年度は地元のJAの方にも加わっていただきました。今年度は思いのほかたくさんのジャガイモができ、大豊作となりました。(下に載せた倉庫内の写真の倍の収穫がありました!)子ども達はうれしそうに収穫していました。収穫したジャガイモは給食に使ったり、参観日に販売したりする予定です。ご協力いただいたすべての皆さんに感謝です。

100周年記念音楽会

6月25日(金) 記念すべき100周年校内音楽会が行われました。新型コロナウイルス感染症への感染予防をとりながら1部(低学年)と2部(高学年)に分けての開催となりました。1部では、1・2・3年生それぞれが音楽会に向けて準備してきた楽曲を元気いっぱい発表してくれました。特に1年生は初めての音楽会。緊張しながらもかわいらしいパフォーマンスを交えながら発表してくれました。また3年生は初めて二部合唱に挑戦。1部での最高学年として全体合唱でもリードしてくれました。

2部は4・5・6年生の発表。それぞれの学年が美しい歌声とハーモニーを体育館に響かせてくれました。6年生は最後の音楽会。唯一、合唱と合奏に挑戦し、合奏では大ヒットアニメの主題歌「炎」に挑戦し、会場をわかしてくれました。音楽会終了後にステージで撮った写真には、6年生の充実感あふれる笑顔がたくさん見られました。

今年度は教育重点目標の実現に向けて、それぞれの部ごとに感想発表会も行いました。自分の思いを相手に伝える場面を仕組んでみましたが、子ども達は相手の演奏に対する賞賛の言葉や自分のがんばったことを精一杯伝え合ってくれました。この体験が子どもたちの喜びや達成感につながったらと願っています。

いろいろな制限の中にも関わらず、ルールを守りながら会場を訪れてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。